まさのをブログ ~アプリ制作やボードゲームや映画など、好きなことなんでもブログ~

自分で作ったアプリのお話、ボードゲーム、映画のレビュー、についての情報を発信します


製作国: 日本
製作年: 2016年
ジャンル:ドラマ・恋愛



【評価】8/10
★★★★★★★★☆☆



【あらすじ】


石田将也(いしだしょうや)はクラスの中心的キャラで、毎日イタズラや危険な遊びばかりするやんちゃな小学生。ある日、西宮硝子(にしみやしょうこ)という女の子がクラスに転校してくる。彼女はスケッチブックを使って自己紹介をし、「自分は耳が聴こえない」ということを説明した。将也はそのことを面白がり、硝子にいたずらをするようになる。やがてそれはクラス全体が関わるいじめへと発展していき、硝子はまた転校することに。いじめの主犯として追及された将也は、今度はいじめられる側になってしまう。それから5年後、高校生になった将也はずっと気がかりだった硝子に会いに行く。





【感想】


ネタバレなしでの感想を書いていきます。



『聲の形』

いろんなところでよく見かけてましたが、初めて映画を見てみました。

まずタイトル…そもそも読み方がわからない人も多いのでは?



あまり見ない字なので僕も最初なんて読むかわかりませんでした(笑)

『こえのかたち』と読みます^^





この映画、結論から言うとすごくよくできた作品だと思います。

学生時代を経験したすべての人におすすめです。






障がいをテーマにした作品って、

結構障がい者優位で、周りの人が理解してあげないのが悪い


というような描かれ方をされることが多いのではないかと思いますが、

『聲の形』は全然違いました





西宮硝子は難聴者で、みんなと声でのコミュニケーションはできません。

物語は、元いじめっこの石田と難聴者の西宮をメインとして進んでいきますが、



この映画で描かれているテーマは、

「障がいがある人とどう付き合うか」ではなく

もっと普遍的な「人と人との関わり」だと感じました。






小学生のときに誰しもが見たり経験してきた、

「実際に普通にありそうな状況」の中での他者との関わり方

そして、高校生になって振り返ったときに初めて気づく自分の課題。

石田、西宮を中心としたみんなで向き合っていきます。





この映画を見て初めて気づかされることも多く、

見終わったあと、自分はどうだっただろうかと考えさせられる作品です。

ぜひ見てみてください。

映画『聲の形』Blu-ray 通常版
入野自由
ポニーキャニオン
2017-05-17




映画を見た後、原作の漫画も読んでみました。


映画は基本的に主人公石田目線で進むため、石田の心情はよく描かれていましたが、

他のメンバーについては端折られてしまっていたので

深くわからない部分がありました。




漫画では各人の心情が描かれているので、

「あーなるほど、この人はこう考えていたのか」と納得できる部分も多かったです。



その他、みんなで一致団結していく過程なども丸々省略されていたので、

ぜひ映画を見たあとは漫画も読んでみるのをおすすめします!

漫画は全7巻で完結する短めの作品なので、時間がなくてもすぐ読めますよ!


最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>


にほんブログ村 映画ブログへ




ギガミック (Gigamic) コリドール・ミニ (Quoridor mini) [正規輸入品] ボードゲーム



今日は、フランス生まれの戦略型ボードゲーム『Quoridor(コリドール)』を紹介します。


2人、もしくは4人で遊べるゲームなのですが、

2人でしか遊んだことがないので、2人で遊ぶときの遊び方を説明していきます!


quoridor_002

マス目がたくさんあるボードを挟んで、向かい合って座り、

それぞれ木の板を10枚ずつ手にします。

そして、コマを一番自分に近い側のマスの真ん中に置きます。

これでもう準備は完了です!







ルールもとっても簡単。

向こう岸のマスのどれかに早くたどり着いた方が勝ちです。



コマは前後左右に1マス進めることができます。

そして、コマを進める代わりに手持ちの板を置くこともできます。


この板は、2マス分の長さになっているので、置くときは2マスにちょうどまたがるようにして溝に立てて置きます。

こんな感じ


GM002-005



この板を置かれると、そこをまたいで進むことができなくなってしまいます

あとちょっとでたどり着く!というところで防がれて、

ものすごい遠回りしないといけない羽目になったりします。




自分の道を確保しながら、うまく妨害をし、相手より早く向こう岸にたどりつきましょう!




このゲーム、相手の意地悪さがすごく出ます(笑)

カップルや夫婦でする際は、相手の意地悪な面を見て嫌いになったりしないように!(笑)





ルールがすごく単純なので、お子さんと遊ぶのにもおすすめです!



【追記】
コリドールを手軽にいつでもやるために、

コリドール風のボードゲームアプリ作りました!

1台の端末で2人で遊ぶ形式のアプリです。

ルールは同じですが、コリドールより小さめの盤面なのでスピーディに遊べます!

よかったらダウンロードしてみてください。

ねこに壁ドン ~ねこのボードゲーム~

ねこに壁ドン ~ねこのボードゲーム~
無料





【ボードゲーム】Gigamic(ギガミック)社 Quoridor コリドール・ミニ 日本正規品【脳トレ パズル】【節句 入園 卒園 入学】【P】

価格:3,672円
(2018/8/28 18:50時点)
感想(1件)


にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ

91Kt4Co0IEL._SL1500_

原題:Sharknado
製作国: アメリカ
製作年: 2013年
ジャンル:パニック・ファンタジー



【評価】3/10
★★★☆☆☆☆☆☆☆



【あらすじ】

メキシコ湾で発生した3つの竜巻。はじめはただの巨大竜巻かに思えたが、この竜巻海中の大量のサメを巻き上げている…!?
竜巻と大量のサメがロサンゼルスの街を襲う。



【感想】


B級サメ映画の代表作『シャークネード』

この作品、全然知らなかったのですが、

少し前にたまたま見た番組で紹介されていて、気になったので「見たい映画リスト」に追加

でも普段利用しているHuluなどのネット配信サービスには見当たらず…

そしたらつい先日、

これまたたまたまテレビの番組表を見ていたら、夜中の放送で「シャークネード」を発見!

ということで見てみました(笑)





シャークネードは、次にどうなる?的な期待も何もない映画なので(笑)

ネタバレなしとか気にせず書いていきます!

※もしそれでもネタバレ見たくないな。という方は、ここから下は見ないでください。










ツッコミどころ満載の超B級映画


まずタイトルの「シャークネード」ですが、これは「サメ×竜巻」の造語

竜巻によって巻き上げられた大量のサメが降ってきて街が大パニック!…という設定ですが、

「いやいやそんなわけないやろ(笑)」「いくらなんでもサメ多すぎ」「なぜサメだけ?他の魚は??」

とさっそくツッコミどころ満載


こんな感じです…
20161127185448

ぶっとんだ謎設定はとりあえず置いておいて…映画を見ていきましょう。(笑)


といっても、設定だけでなくストーリーや演出、もう映画全体におかしなところだらけです。






映画はある密漁船の中で

フカヒレ目当ての人間たちにサメが乱獲されている。ということがわかるシーンから始まります。


「あーなるほど、自分勝手にサメを殺してきたからサメの逆襲はじまるよー」的なやつか

と思っていたのですが、

このシーン全く必要ありません!!


その後のストーリーに全く影響してこないし、教訓としてなにかメッセージが込められていたりもしません!よくわかりません(笑)



そしてその密漁船付近で竜巻が発生し、どんどんサメを吸い上げ『シャークネード』に。


サクッと密漁船を襲ったあと、

勢いとサメの量を増しながら、どんどん陸地へ迫っていきます。


上陸してきたシャークネードは、

サーファーの主人公フィンが経営している海辺の店を襲い、つぎつぎに街を破壊していきます。

ここで観覧車が軸から外れ人をひき殺していくシーンなんかは、

「あーこれコナンの映画でも見覚えがあるなーパクったか」と思いながら見てましたが、



実はシャークネードの方がコナンより前に作られています。

つまりコナンがシャークネードをオマージュしている事実が判明!
(いや、パニック映画でよくある演出なのでしょう笑)




全体的にCGの粗さが目立つものの、このへんの演出まではまぁよかったです。

B級映画にしてはすごいパニック感でてるなーと見てました。




が、サメ竜巻で街が大パニック!!
という演出はこのあたりで終了。


あとは主人公フィンと、彼の友達、お店の常連のおっさん、店員の女の子、妻と子あたりの人物と行動していくのですが、

この主人公フィンが行った先だけがパニックしてる感がすごい(笑)



フィンらが車で移動しているときは、

車の窓から外の景色が真っ白で何も見えないようになっている(外の景色を作る余力がなかったのですかね…。)ので、車の中だけでパニック状態に見えます。

そして引きで街全体が映るようなシーンがほとんどなく、主人公らが行った先々で何か起こるので

「こいつらじっとしてたら、被害少なくて済むんじゃ…」と思ってきます(笑)

たまに映る背景では、普通の日常のような感じで車が走っているように見えます…





…とまぁツッコミどころが多いこの映画、

中でも一番変だったのが、水深です。

竜巻が海水とサメを街に降らせるので道路は川のようになります。

その道路をサメが泳ぐのですが、結構浅い…(笑)


にも関わらず、割とデカいサメがその水の中を悠々と泳ぎ、

さらにはそこから飛び上がって襲ってきます(笑)


普通に泳ぐのも難しそうな水深しかないのに、そこから飛び上がるなんて無理だろ……







他にもチェーンソーでサメをスパっと切ったり、自らサメに突っ込んだり、

サメに食われたのに都合よく綺麗に丸呑みされてて傷一つなかったり…



などなど他にもつっこみどころ満載なのですが…

全部あげると詳細は書ききれないのでもうあとは見てください!(笑)



個人レビューとしては、他の映画との相対評価もあるので★3ですが、

B級映画としては★8くらいじゃないでしょうか(笑)ネタ映画としておもしろいですよ!



実はこの映画、シリーズ化していて現在5まであるようです!
僕は本作だけでおなか一杯ですが…(笑)


シャークネード [DVD]
アイアン・ジーリング
アルバトロス



最新作はこちら


↑このページのトップヘ